驚愕!骨盤ダイエット成功にはこんな方法があった!
骨盤ダイエット は、分かっているようで、思いの外わからない事がたくさんあるものです。意外と知らないダイエットの成功方法についての知識を説明します。
ホームボタン

太ももを引き締めるには内ももの筋肉を鍛えること

太もも 骨盤ダイエット

ダイエットをして太ももを引き締めるために重要なのは、しっかりと内ももの筋肉を発達させることです。
部分ダイエットの中でも、太ももはなかなかスリムになりにくい部位です。
セルライトや皮下脂肪が蓄積して、むっちりとした足になってしまっている人は少なくありません。
太ももをシェイプアップさせるには、内ももの筋肉を鍛えることです。
体の中でも内ももは、脂肪がつきやすく、そして脂肪を減らしづらい部分です。
内ももの筋肉は内転筋といい、大腿骨と股関節を支える筋肉です。
この筋肉は日常生活ではほとんど使わないので、気が付かないうちに脂肪が足のももの部分についていることがあるようです。
下半身ダイエットを成功させるためにも、内転筋のエクササイズで内ももを鍛えましょう。
両膝の間にボールや座布団を挟み込み、内ももに力を入れて左右の膝を押し付けるようにするだけでも効果があります。
電車の座席に座っているとき、膝同士を押し合うだけでも内もものダイエット効果はあります。
内ももの筋肉がおとろえているかは、椅子に座って姿勢をチェックするだけでもわかります。
膝同士が離れている人は、内ももの筋肉が弱っているサインです。
膝、くるぶし、足先を合わせた状態でどのくらいいられるか、秒数をカウントしてみてもいでしょう。
内ももを内転筋を鍛えて引き締めることによって、下半身のダイエットを達成しましょう。

内ももを鍛えるためのエクササイズの方法

太もも 骨盤ダイエット

エクササイズで内もものダイエットをするために、クッションや柔らかいボールを足の間に挟むという方法があるといいます。
内ももにある内転筋は腹筋とも関連が深い部分です。
内ももの筋肉を鍛えることで、お腹周りもすっきりするだけでなく姿勢もよくなると言われています。
特にバストサイズを減らさずにダイエットをしたい場合は、内もものエクササイズで下半身を引き締める方法がおすすめです。
両脚にクッションかボールを挟み、横向きの姿勢になります。
下側の腕の上に頭を乗せ、反対側の手で体を支えながら、両脚を床から10pほど持ちあげます。
繰り返し息を吐きながら足を上げ、息を吸いながら足をおろすという動きをすることで、内もものダイエットに有効だといいます。
だいたい右と左それぞれ10セットずつやると効果があります。
道具を使わない方法としては、1分足閉じダイエットと呼ばれる内もものダイエットがあります。
太ももを内側に寄せて足を閉じ、お尻には中央にえくぼができるくらい、20秒を目安に力を入れます。
座ったままの姿勢で行う時は、内もも、ひざ、ふくらはぎの中央、かかとまでをぎゅっと、1分間くっつけ続けます。
同じ動作を1日に20回ずつ行います。
効果的に内もものダイエットができるだけではなく、肩こりや冷え症を解消したり、骨盤の矯正にも良いといわれています。

内もものダイエットで器具を使用する方法

案外内もものダイエットをしたいと多くの人が考えているといいます。
太ももダイエットの鍵を握る内ももですが、内ももの筋肉を普段の生活で使うことはほとんどありません。
太ももを引き締めるためにも、エクササイズなどで効率的に内ももの筋肉を鍛えたいものです。
内ももの筋肉を鍛えるには、バランスボールが役立ちます。
バランスボールの上に足を開いて座り、太ももを引き寄せるように、ボールを太ももで挟みます。
バランスは崩さないように、体幹を真っすぐに保ちながらお腹も引きあげます。
ゆっくりと太ももに力を込めてたあと、またゆっくりと抜くようにします。
しっかりと内ももの筋肉を発達させることで、太ももの血流が良くなり、むくみにくくなるという良い点もあります。
内もものエクササイズに役立つダイエット器具として、レッグクイーンがあります。
下半身を鍛えるための道具で、毎日1分程度の運動で効果があるといいます。
脚の開閉によって内ももの筋肉をきたえるというものです。
内ももだけでなく、下半身や下半身につながる胴回りの筋肉に刺激を与え脂肪の燃焼を促す効果があります。
折りたたみ式で場所を取らず、自宅でエクササイズができるため、毎日コツコツとダイエットをしたいという人に向いています。
効果的にダイエットをするためにも、自分に合った方法で内ももを鍛えるようにすると良いでしょう。

太ももダイエットの方法

多くの人が、太ももダイエットを行って引き締まった太ももになりたいと考えています。
太もものダイエットをしてショートパンツやミニスカートのおしゃれを楽しみたいという女性もたくさんいるのではないでしょうか。
部位別ダイエットの一種で、特に太ももの皮下脂肪を燃焼させるダイエットを、太ももダイエットといいます。
プロポーションのいい体つきを求めるならば下半身が重要であり、中でもポイントになるのは下半身です。
せっかくダイエットをしても、太ももが細くならない場合があります。
去年まで問題なく履けていたジーパンが、太ももがつかえて入らなくなってしまっていたら、太ももダイエットをすべき時でしょう。
太ももが太くなる背景要因には、骨盤に歪みが生じ血流が悪くなることがあります。
太ももやせエクササイズでは骨盤の歪みを矯正し筋力をあげることで、脂肪がつきにくく燃焼効果を高めます。
特殊な技術や用具がなくても、骨盤矯正のエクササイズは簡単に実践することができます。
太ももダイエットは、1日10分ほどのエクササイズを毎日継続することで実践できます。
自宅で気軽にできるダイエットなので、忙しい人でも続けることができるのではないでしょうか。
ダイエットで太ももを引き締めることによって、すらりとした体つきになることができますので、ぜひ試してみてください。

太ももダイエットに役立つエクササイズ

ダイエットによって太ももを細くしたいという場合は、日々エクササイズを習慣づけましょう。
全身のダイエットをしても太ももだけはなかなか細くならないことがあります。
太ももまわりの運動負荷を強化するようなエクササイズが、太ももダイエットをしやすくするでしょう。
まず、肩幅程度に足を開き、両手を頭の後ろに組みます。
そして、腰を落として中座りになります。
太ももを意識して5秒数えましょう。
太もものエクササイズは朝晩、5〜6回行いましょう。
ダイエット効果を高めるには、背筋をピンと伸ばして、太ももに力を入れます。
バランスボールを利用して、効率的に太ももダイエット運動をすることも可能です。
バランスボールを股の間に挟みしゃがみます。
息を吐きながら少しずつ太ももの内側に力を入れていきましょう。
太ももに力を入れたまま、五秒数えます。
息を吐きながら力を抜いていけば、それで1セット終了です。
バランスボールを使ったエクササイズは太ももだけでなく、ウエストのダイエット効果もあるといいます。
どちらのエクササイズも自宅で誰でも簡単にできるものです。
毎日空いた時間に続けることで太ももダイエットに非常に効果があります。
エクササイズなどで太ももを引き締めたい人は、夜、布団に入る前や、日課のテレビを見ているような時でもダイエットをしてみましょう。

▲ Page Top

Copyright (C) 2018 驚愕!骨盤ダイエット成功にはこんな方法があった! All Rights Reserved.